MENU

夫の浮気相手に制裁

夫の浮気相手に対する慰謝料請求の金額や実例。レディーとしてのカンとしては、明らかな浮気をしているしるしであるにも関わらず、決定的なエビデンスではないために逆に怒られる。

 

自分がもらった贈りものでない婦人向け商品の受取証が落ちていたり、共に滞在したことがない豪華な旅館の受取証を机の引き出しで見つけたとき。

 

主人が着ていたYシャツを洗うとき、婦人物の香料の匂いが染み込んでいるとき。

 

非常に不本意なことだから、必ず裏付けを握って不貞を悔い改めさせたい、不倫をしている相手に慰謝料を支払ってほしい、または、離婚訴訟で裁判なってしまったときにこちらが有利になるようにしておきたい。

 

こんな心の状態になるというのは、妻として勿論のことです。

 

たとえば、何社かの探偵会社に自らが見積もりを取る場合には、多くは探偵業者へわざわざ行って面接をしてからでなければ御見積りを提出してもらえません。

 

それに対して、オンラインでのお見積同時照会であれば、一回の作業で何社かの探偵オフィスのお見積りが手に入ります。

 

さらには、警察当局に対して探偵業者申請を出していて、今までに国からの訓戒が言い渡されていない、優良な探偵業者に限定して登録されている。